不眠症に関する意識調査はある?

不眠症に関する意識調査はある?

現代はストレス社会でもあるので不眠症に悩まされている人達は多く、意識調査を行う会社などでは実態を把握する様に努めています。

ありがたい事にこの様な調査を行っている会社の中には、ホームページなどで調査結果の実態を公開してくれる所やファイル形式にして配布してくれる所もあります。

意識調査といっても、学術論文の様な長い文章を書く事はほとんどなく、多くは幾つかの選択肢から自分の状況に近いものを選ぶ簡単な形式になっています。

この様な調査の結果発表は不眠症で悩んでいる方々に対して、一定のアドバイスを提供する事になり、悩みに対する孤立感などを防ぐ事に役立ったりするので、社会的に一定の評価を得て支持されています。

不眠症になった事がある年齢で一番多いのは?

不眠症になった事がある年齢で一番多いのは?

不眠症と年齢には関係があります。人間は赤ちゃんの時ほどよく眠り、大人になるにつれ必要な睡眠時間が減っていきます。

不眠症になった方の割合を調べてみると20代と70代際以降の方が多いことが分かります。特に多いのが80代です。80代以降になると睡眠薬を使っている人の割合も高くなります。

20代の場合には精神的なストレスが原因になることが多く、60代になると更年期がきっかけでホルモンバランスの乱れにより不眠になることが多いのです。

高齢者は睡眠ホルモン、セロトニンの分泌量が減ってしまいます。そのため不眠になってしまうのです。男女別で比べてみるとどの年代でも女性の方が不眠に悩んでいることが分かります。つまり高齢の女性ほど不眠症になりやすいのです。

不眠症になったら最終手段は睡眠薬?

不眠症になったら最終手段は睡眠薬?

不眠症は日常生活に深刻な影を落とします。それを解決する方法の中でも最終手段として知られているのが睡眠薬の仕様です。

ただこれは必ずしも根本的な解決になりません。不眠症には人それぞれに原因があり、それを改善することが重要です。

眠れない時の最終手段として睡眠薬を用いるのはあくまで症状を抑える一時的な処置に過ぎません。

不眠症を抱える人の中には、夜間に睡眠へのスイッチが入りにくくなっているケースもあります。

まずはライフスタイルを見直したり不調を引き起こすストレスを遠ざけることが先決です。

これらは投薬を採用しなくても解決することができます。まずは医師に相談した上で、適切なアプローチを心がけていくことが大切です。